スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

梅仕事 


一回目は小梅のかりかり漬け。(写真なしで^^;)

かりかり小梅、おいしいですよね。
お弁当とかに入っているとうれしくなるアイテム。
カリカリの食感を残すには新鮮な青梅を
卵の殻と一緒に漬けるんです。

二回目が↓



小梅のジャム。
カリカリ梅に使った青梅を追熟させて作りました。
甘酸っぱい初夏のかおりのジャムです。
trackback: -- | comment: 2 | edit

この記事に対するコメント

こんにちは。
梅仕事の経験のない私です(笑)
カリカリ梅が手作りできることすら
知りませんでした (´-∀-`;)
卵の殻にそんな効果があるんですね。
すごく勉強になりましたー。

小梅のジャムも美味しそう♪
小梅のイメージ、あの真っ赤かのカリカリ
イメージか、小梅ちゃんしかなくて(笑)
こんな優しい色なのかと感動しました。

ぎこさん、季節を感じながら暮らしを楽しんでる
なぁって、しみじみ思います。

Katz #- | URL | 2014/06/01 14:04 * edit *

Katzさん

ありがとうございます♪

梅仕事、、なんていうとおおげさな行事みたいですが
私の場合、大量に生った梅に追われるようにして
はじめたのがたしか9年前の5~6月でした。
今は事情で梅の木があるところには住んでいませんが、
早めに生る小梅と、とても大きくておいしい梅(豊後梅、食べ比べ実証済み^^;)を
車で数時間かけてわざわざ収穫に行っています。
大きい豊後はやっぱり梅干が最高においしいです。

熟した小梅のジャム、杏のようないろなんですよ。
ほんと、お近くだったら保証のないパンと一緒に
押し付けにいっちゃいますよ~(笑)

ぎこ #6X3GeCA. | URL | 2014/06/01 14:50 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。