スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

誕生より80年以上愛されているストーブ 


年明けのとある日、多分私より年上と思われるこの方が、我が家にやってきた。

Aladdin Blue Flame Heater

DSC02697.jpg

1957年にヤナセが輸入代理店として販売を始め、やがてシリーズ15が
「アラジンブルーフレームヒーター」として1960年に発売。
1961年に暮らしの手帖に掲載され急速に普及したらしい。

DSC02699.jpg

我が家にやってきたのはこの15型。
夫が幼少の頃、実際に使われていたものだが、
ここ数年は使われていなかった様子で
家に招いたときはかなり汚れていた。↑^^;;;;

かなり趣味の範疇の話なので続きは興味のある方のみ・・。
新しい相棒に分解掃除してもらってきれいになったおいら。

DSC02723.jpg

でも、雲母(窓の部分)と、昔のかあさんが調理器代わりに使っていたことやら、
やかんを置いていたやらでトップの部分の痛みがひどいんだ。

DSC02708.jpg

中の炎が見えないくらい^^;

おいらの部品を調達できるショップがあるとの事を新しい相棒が調べてくれて

ドライブがてら~~~GO~~~^^













で、おいら、へんし~~~~~~ん!













しゃきーーーん^^

DSC02732.jpg

ちょっと「づら」っぽいかな・・、笑わないでね。
それと、新しい相棒が分解して組み立てるとき
おいらの筒の向きを間違ったみたいで、ちょっと・・・かなぁ。

DSC02734.jpg

おいら、とっても手がかかるらしいけど、きれいなブルーでしょ。
新しい家も静かに暖かくするからね。

あ、そうそう、網をのせて焼き芋したり、パンを焼くとおいしいよ。
thread: 趣味と日記 | janre: 趣味・実用 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

この記事に対するコメント

こんばんは。
うわぁ❤素敵です♪
実際に家にあった訳じゃないけど、
懐かしいフォルムですね。

我が家は ダルマストーブ(薪)でしたので(笑)
灯油は貴重品でした(今もですが)。

とても綺麗に生まれ変わりましたね!
ヅラ・・・笑ってしまいました ○┓ペコリ

80年ですかー。
お母さんがこのストーブで煮物したり
あんこ練ってたりしてたのでしょうか。
思い出のいっぱい詰まったストーブですね。

ようこそ、ストウブ料理の世界へ(笑)

Katz #- | URL | 2014/02/06 18:33 * edit *

Katzさん

ありがとうございます♪

譲り受けたとき、車に乗り込む「やつ」と対面したとき
『本当にちゃんと使えるのか』一抹の不安がよぎりました^^;
つくりが非常に原始的なのがいいのでしょうね、いい感じで使えてます。
もちろん消火装置なんてついていないので、
隣の部屋にも持ち運べるし、とても気のきく「やつ」です。
薪のだるまストーブ、懐かしいです。
私が小学校のころは各教室にだるま(コークス)でした。
じんわりと暖かいストーブっていいですね。
料理にも使っていこうと思います(笑)

ぎこ #6X3GeCA. | URL | 2014/02/06 21:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。